鎌倉後期の刀剣

鎌倉後期の刀剣

鎌倉後期の刀剣 鎌倉後期になると、作刀研究推進のために各地から名工が招聘されることになり、粟田口派や福岡一文字派、新藤五郎光など各派閥が鎌倉へ定住するようになり、様々な作風の刀が作られました。
この時期になると流派ごとの作刀方式にまとまりができてきたため、その出身地により刀剣の種類を分類することができました。
そこで出てきたのが本阿弥一族で、彼らは刀剣の研磨とそれらの鑑定を生業としていました。
本阿弥一族は大和・山城・備前・美濃・相模の5か国の作刀方式のことをまとめて5箇伝と呼んで整理するのに加えて、5か国の作る刀にはそれぞれ地鉄や鍛え方、現れる刃文に独自の特色があったために、それぞれを山城伝や相州伝などと称することにしました。
その後大正から昭和にかけて本阿弥一族の子孫が体系的に鎌倉後期の刀剣を分類し、体系的に整理したものが現在も残っています。
この時期には2度の元寇や政治体制の崩壊などの動乱期であったため、日本刀の需要はさらに大きくなっていき、日本刀の形も幅がより広くなり元幅と先幅の差が小さいために、大きな威力が出る刀が多くなっていきました。

南北朝時代の刀剣

南北朝時代の刀剣 南北朝時代は政治的に不安定な時代であったため、刀工が十分に刀剣を作る環境がなく、鎌倉時代に比べると種類が少なくなっています。
ほとんど装飾や細工が施されていないものが多く、大太刀や野太刀といった大振りな刀が多いです。
この時代の刀剣は元来大太刀であったものを後世において名長さが調節されて打ち刀とされているものが多いです。
この時代の太刀は長さが3尺の約90センチあるという長大なもので、身幅が広く長いですが、重さを軽減するために重ねを薄く作りこんでいます。
また刀身に沿って溝を彫ったものが多く、これも少しでも軽くするための細工と考え垂れています。
刀工の中では備前国の兼光一派の作品が有名となっており、特に刃文に伝統的な丁子乱れではなく互の目乱れという半月形の文様を使っている点が特徴的です。
この形式は室町時代になってからの長船一派の刀工へ影響を及ぼしました。
天正年間には、織田信長がこの時代の太刀を秘蔵の太刀として所有して新しく打ち直したものもあり、それらは天正磨上と呼ばれて名刀とされています。

新着情報

◎2017/10/31

刀剣買取店の査定
の情報を更新しました。

◎2017/7/25

品揃えの豊富さ
の情報を更新しました。

◎2017/5/23

刀剣「天羽々斬」について
の情報を更新しました。

◎2017/2/14

刀剣が一番活躍した時代
の情報を更新しました。

◎2017/1/27

安土・桃山時代の刀剣
の情報を更新しました。

「刀剣 鎌倉」
に関連するツイート
Twitter

いっそどこぞの刀剣のゲーム辺りが命名権を落札して、源氏縁の刀の名前入れるとかどう?腰越髭切海岸とかw ついでに鎌倉市と江ノ電主体で、街巡りのコラボとか企画したらどう?

一期:ぎゅーってしてほしい奴ちょっと来なさい!なんて……残念、私も男です!鎌倉時代生まれの刀剣男士でーす!! 燭台切:男でもいいよ! 三日月:うむ、男でもいい 長谷部: むしろ男でいい 倶利伽羅:男がいい 一期:皆様本気ですか!?もうちょっと考えてくだされ…

Twitter一期愛され総受けコピペbot@All15loveBot

返信 リツイート 8:38

来派とは鎌倉中期以降に粟田口派に代わり山城で栄えた刀工集団。実質的な開祖としては来国行があげられる。明石国行などを作った来国行の息子には、愛染国俊を作った二字国俊、その弟には蛍丸などを作った来国俊などがいる。また、国俊の刀剣は全て同刀工による作品という説もある。

Twitter刀と歴史のネタを呟く審神者bot@katamani328

返信 リツイート 8:33

クロスオーバー 鎌倉時代の出陣が多くなり拠点をその時代にしようとした時の政府が選んだ場所は忍術学園。歴史の教科書に学園長先生の名前がブロマイド写真付きで載るという交換条件。刀剣男子たちは委員会に属し手伝いをすることになった。という設定の保険委員会と兼さん、堀川くんと薬研さん pic.twitter.com/R2YfkwA5mi

@toukenTL刀剣乱舞】 鎌倉奇譚 | Lampray #pixiv pixiv.net/novel/show.php… 鶴丸が戦闘中に○○○○○○○○○○○○○○○話。 ※伏せた箇所は身も蓋もないネタバレ fse.tw/c0vcc#all

鎌倉に作られた刀剣って誰だっけ・・・?

Twitterハルハナ🐓🥚@池ハロ26.富岡義勇@haruhana_cos

返信 リツイート 昨日 23:23

鎌倉から南北朝動乱期に移り、騎馬戦から徒立ち(かちだち)戦へと戦い方がかわり、打物戦(大太刀や薙刀を使う歩兵戦)が増えて、刀剣は大型化した。特に薙刀は取り回しがよくて重宝されたそう。突きも斬りも薙ぎもできそうで、たしかにな〜という気持ち。しかし痛そう。一撃でなんとかしてほしい。

鎌倉御家人の刀剣】 古備前助平(刀種:太刀 刀派:古備前) 「すけべえ」じゃなく「すけひら」な。 曽我兄弟の敵討ちで、弟の五郎時致が敵討ちの時に使った太刀だ。 他にも源義経佩刀で源氏の家宝「薄緑」を使ったという説もあるけど、……これはちょっと、どうだろうな。

Twitter三浦平九郎判官胤義@bot_miura9

返信 リツイート 10/13(日) 23:10

RT @n_takegami: 鎌倉時代に瀬戸内市長船町で作られた国宝「山鳥毛」 戦国武将の上杉謙信が愛用したとされる国宝の日本刀 「太刀無銘一文字」「備前刀」の最高傑作とされ、 山鳥の羽毛のような刃文から「山鳥毛」と呼ばれています。山鳥毛は、8日から14日まで、備前長船刀剣博…

🗡備前国住雲次⚔️ 薙刀 重要刀剣(鎌倉期) 生茎 極希少✨ pic.twitter.com/Bp0HUdbrGj